スポンサーリンク

目覚まし時計たくさん使わないと起きられない方に試してほしい光目覚まし時計inti

朝起きるのが苦手で、目覚ましかけていても、起きることがなかなかできなかった経験があります。

早めに、目覚ましかけて、起きるつもりが、パパッと起きることが出来なかったです。

起きなければいけない時間に、起きるというプレッシャーもあってかは、わからないけれど、目覚めは、すっきりしない毎日でしたね。

最近は、目覚ましがなくても、大丈夫なことが多いですが。。。

目覚まし時計、3個くらい用意して、時間差で目覚ましが鳴るようにしたこともありました。

そんな私のような、経験ないですか?

光目覚まし時計inti

写真は、光目覚まし時計intiSQUARE

以前、YOKONEと一緒にお借りしたこともある目覚まし時計です。

お試しさせていただいた際、私が目覚める前に、我が家の猫の方が先に、光に反応して起きてしまいました。

暗いところで放つ光、目覚まし時計

今回イベントに参加した際に、撮影したものですが、時間差で、光の具合いが変わっていきます。

普通の目覚ましだと、アラームをかけた時間になれば、音が鳴ると思うのですが、光時計の場合は違います。

セットした時間前から、徐々に光り始めていって、セットした時間が来ると、最大に光る感じです。

私がお借りした際も、この光始めた時に、猫の方が先に気づいて、起きちゃいました。

その物音に、何事かという感じで、妻が起きて、私も起きた。。。という感じでした。

ちょっと、びっくりしましたよ。

光目覚まし時計って、どんな風なんだろうと、初めて使ったときに、こんな感じに起きてしまいました。

セットした時間、つまり起きる時間よりも、だいぶ早かったですよ。

光目覚ましの光り方左から順に変わっていく



そうなんです。

普通の目覚まし時計のように、音ではなく、光ですので、優しいかもしれないですね。

私は、びっくりしましたが。。

でも、時間には、起きることが出来たのですから、慣れれば、快適に目覚めることが出来るかもしれないですよね。

寝室で、想像してみてください。

暗いところで、徐々に明るくなっていきます。

ほんとに起きる時間には、太陽の光が入ってくるくらいの明るさが、部屋中に明るくなります。

今まで使ってきた、目覚まし時計のように、音で、起きるのと比べると、光というのは、優しいと感じるのも確かです。

こんな経験ないですか?

自然の太陽の光が、そっと入ってきて、ふっと目覚めて、カーテンを開けると、朝の陽の光が、心地よくて、気持ち良く目覚めることが出来た。

そんな日は、いつもよりも、気持ちも余裕があったりして、一日を通しても、気持ちよく過ごすことが出来たというような経験です。

私は、あります。

特に感じたのは、旅行先の出来事だったりもするのですが。。。

なんか、得した気持がして、早起きして、良かった!!

なんていう気持ちになりました。

そんな経験を、この光目覚まし時計と重ね合わせることが出来たら、毎日が、とても気持ちの良い日になるのでなないかなと思います。

鳥のさえずりで目が覚めるのも気持ちが、いいですよね。

太陽のような光が、起きる時間よりも早く、ちょっとずつ、早く入ってきて、目覚めなければならない時間よりも、早く起きたなら、いつものせわしい生活に、ゆとりもできるかもしれないです。

おすすめできる、光目覚まし時計となります。

普通のガヤガヤとうるさく鳴り響く目覚まし時計にせかされながら、「もう起きる時間か~」

などと、ちょっと目覚まし時計を蹴飛ばしたくなる気持ちも、光時計なら、毎日の生活に、溶け込んだら、早く目が覚めて、出かける前には、頭もすっきりして、一日のゆとりもできて、満足いく生活に改善されるかもしれないです。

眩しいけど、優しい光、最大限になる前に目覚めることが出来たなら、ガヤガヤと、うるさかった目覚まし時計より、数倍、起きやすい気がします。

太陽のように眩しいので、直視しない方が目に優しいと思います。

使う際は、周りの人にも、理解してもらえるように、話しておくとよいかも。。。

なぜなら、私が妻から後で、ぶつぶつと小言を、その時言われましたので。。。ごめんなさい。。

初めて使った時、猫 → 妻 → 私という順番で目覚め、最後に起きていたというところが、失敗でしたね。

理解してもらうのは、大事ですね。