スポンサーリンク

卵焼きが上手に焼けて、焦げ付きにくいフライパン「フレーバーストーン」

2018年10月14日

フレーバーストーン

テレビのCMで見たことのある、フライパンを実際見てきました。

焦げ付きにくいフライパンで、「フレーバーストーン」をイベントに参加した際に、見てきました。

卵焼きの実演してくれたので、実際見ることが出来たので、ご紹介したいと思います。

油も引かずに、卵焼きを作っていました。

一人暮らししていたころですが、卵焼きを作ったことありますが、油を引いて卵焼き作って、焦がしてしまったりして、うまく焼けないこともありました。

フレーバーストーン箱

フレーバーストーンの入っている箱です。

フレーバーストーンたてかける

ダイレクトテレショップにて販売のフライパンです。

CMを何度も見たことがあって、とてもインパクトのあるフライパンです。

フライパンの中で、滑るように、スルン!!と、滑り落ちていく、あのCMです。

イベントの中で、私は卵焼きを焼いていくところを、見ることが出来ました。

フライパンには、油とか一切、入れずに、溶き卵を、フライパンに入れて、コトコトと、焼いて、お皿へツルン、いや、スルンっときれいに盛られていくのをこの目で、確かめました。

焦げ目もつかず、フライパンもきれいに、仕上がっていくのを「マジか」と、見てました。

ホームページでは、フライパン「フレーバーストーン」には、焦げ付かない理由として、3つのコーティングや、熱伝導のしやすい3つの層によるものとあります。

一般的に、フライパンというと、新しいうちは、焦げたり、くっついたりしなくて、使いやすかったりしますが、使っていくうちに、傷がついたりして、コーティング取れ始めてしまえば、焦げてしまったり、くっついてしまうと思います。

コンロの違いで、使えるものと使えないものがありますよね。

IHは、IH用であったりです。

フレーバーストーンの場合は、コンロによる使えない??というところがないそうです。そういうの、助かりますよね。

IHでも、カセットコンロでも、電機でも、ガスでも、セラミックでも、使うことが出来ます。

それぞれの家庭でのキッチン事情でも、使うことが出来るというのは、ありがたいことだと思います。

雑誌にて、比較が紹介されています

卵焼きを作ってもらいました。

きれいに仕上がって、すごいです。

それに、お手入れについても、簡単でした。

キッチンペーパーなどで、さらっと拭き取って、終わり!!

そんな簡単でいいの?と思うくらいあっという間にきれいに、後片付けもできていました。

卵焼き作ってもらいました

卵焼けました

フレーバーストーン購入したい方は、こちらから

  ↓       ↓



お試ししてみようかなと思ったら、フレーバーストーン 28cm ソテーパンがおすすめです。

フレーバーストーン グランド4点セット

フレーバーストーン グランド4点セットには、ソテーパン、ディープパン、キャセロールパン、ガラス蓋、取扱説明書、有坂翔太監修レシピブックが、入ったお得なセットです。