スポンサーリンク

有機緑茶青汁を使って青汁パン2回目、焼いてみました。

2014年4月26日

青汁パンを焼いてみました。青汁パンは今回2回目です。

国産有機緑茶青汁(30包)を使用しました。

森下仁丹 青汁2本使用

青汁パン2回目焼いてみた

今回は、この青汁2本使ってみました。そして、食感のアクセントとして、ピーナツも加えてみました。

写真で、分かるでしょうか?いい色に焼きあがり、ピーナツもうまく混ざり、おいしく仕上がりました。

国産有機緑茶青汁(30包)は、素材のうまみや、栄養そのままを、まるごとギュッと作り上げられたこだわりがあります。

森下仁丹の健康通販サイト

それだけに、パンの生地に味や香りをしっかり出したかったので、2本入れてみました。

青汁1個で焼いたパン

この写真は初めて青汁パンを焼いた際、青汁は、1本使って焼いてみました。

青汁2個で焼いたパン

この写真は今回焼いた青汁2個を使って焼いたパンです。

この2つの写真でも、やはり、当たり前かもしれませんが2個の方が色濃く出ています。

香りも青臭さというか、香ばしさが出ています。パンに使っている、小麦の甘みもあってか、味は、優しい感じに仕上がっていました。

どっちが好みか?

私の好みは、2個入れた方が、おいしかったです。

青汁パンを焼いた時の前回の記事は、こちらです。

100%国産の原料で、作られている青汁ですが、そのこだわりについて、ご紹介しますと、こんな感じです。

大分県産の有機大麦若葉で、鼻を近づけただけで香ばしさを感じる香りのよさが、印象的。

また優しいほのかな甘みも広がる「ニシノホシ」が使われています。

大麦若葉の香ばしさ、やさしい甘さは、パンを焼いた際の香ばしさや、甘みが、出ていたのかな?と、感じました。

また、有機緑茶青汁の、緑茶もこだわりがあります。

有機栽培一筋30年以上という豊翠園の摘みたて緑茶は、三重県産。茶葉の栄養をそのまま粉末化されたものだそうです。

有機抹茶も入っているそうですが、この抹茶も最高級品。茶道家元も扱うものだそうです。なんだかそれをきいただけで、すごさが伝わるようです。

こだわりが、最高のものへと厳選されている、青汁を、2本使って作った今回のパン、あっという間に食べてしまいましたが、感謝の一言です。

健康のためにも、あれこれ加えていきたい青汁です。次は、どんな料理に入れてみようかな?


森下仁丹健康通販『森下仁丹オンラインショップ』

国産有機緑茶青汁 30包【ビタミンC】【サプリ】【サプリメント】【10P26Apr14】【RCP】

価格:
2,700円

(2014/04/26 18:10時点 )

感想:3件

楽天でもアマゾンでも、購入できます。