スポンサーリンク

夏にも冬にも使える、水循環マットで電気の節約に一役!!



車の中で快適に過ごす車中泊に、オンリースタイルでは、1年中使えるマット、水循環マットが便利です。

夏は涼しく冬は暖かくは、車の中に限りません。

電気代の節約にもなるというから、便利なのです。

キャンピングカーショーで試してきたのですが、水循環マットは、ひんやりしていて触ると気持ちよいです。

それに、トミカのおねしょシーツも一緒に体験することができました。

水循環マットとおねしょシー

水循環マットの温度は、18度に設定されていました。18度というと、かなりひんやり!!という実感ができるレベルだと思います。

水循環マットの機器18度に設

水循環マット手で触れてみま

マット部分を手で触ってみると、厚みが薄かったです。ジェルと違うので、身体を動かしたときに、ゴニョゴニョしないのもいいです。

ジェルのマットを使ったことがあるのですが、ひんやりしていた時間もありますが、時間がたつと、自分の体温によって熱くなってきて、冷たさを感じなくなって快適さに欠けました。

我が家の猫もジェルのマットは好きではないので、ジェルだったら使えないところです。

水循環マット体験

水循環マットを体験中!!

キャンピングカーショーの会場内の熱気にもちょうどよい温度設定だったです。背中がひんやりして気持ちよかったです。



トミカおねしょシーツ生地触

トミカのおねしょシーツ、生地を触ってみると、しっかりした素材に驚きました。

吸収力は大丈夫なの?という不安もありますが、ペットも使えるということです。

吸収力についてですが、このおねしょシーツは、2層構造になっていることなので、安心してくださいね。

トミカおねしょシーツ

なるほど、2層になっているから、その分、吸収力も変わるということいですね。

おねしょシーツの裏生地

おねしょシーツに、横たわり

おねしょシーツに横たわってみました。

トミカの世界は、お子様だけではなく大人も楽しめる世界だと思います。

汚したくないところで、使うとよいと思います。

この記事のトラックバックURL