ブリザーブドフラワーのキットで、初めて作ってみました。

2014年5月21日

ブリザーブドフラワーというと、お手入れが簡単でいつまでも永くお花を楽しむことが出来るのですが、今回はじめて自分でそんなブリザーブドフラワーを作るキットを試すことが出来ました。日比谷花壇さんに感謝です。

不器用ということもあり、なんとも制作には時間がかかりました。日数にして、3日くらいですかね。仕事に行く前などに少しずつ作っていきましたので、時間がかかりました。(2011年4月28日現在)

ブリザーブドフラワーを飾る

どうですか?完成したブリザーブドフラワーをさっそく飾ってみました。

今回のブリザーブドフラワーのお花キットは、1月のものです。定期的に毎月1回お届けするお花キット「ブラザーブドフラワーコース」になります。
【日比谷花壇】毎月1回お届けする花キット「プリザーブドフラワーコース(2011年4月から9月)」

このキットには、必要な材料も入っていますので、家に届いたらすぐ始められます。

ブリザーブドフラワー説明書

カラーの写真が入った説明書もついてきます。初心者にも優しいです。裏面には、散り扱いや、お花のトラブルに対する修正の仕方が書かれた取扱説明書も書いてあります。

ブラザーブド説明2

ブリザーブドキットの中身

このキットの中身を見ての第一印象は、こんなんで、できちゃうの?という感じでした。

しかし、作り始めると、その繊細な花びら達が、扱いが大変だと思いました。

もとは花も、生の花なのだと感じました。

フラワーアレンジ完成
 
鈴木誉也デザイナーさんが、実演したアレンジメントも素敵でした。そんな素敵なアレンジメントを見て私も、やって見たくなったのです。

日比谷花壇さんのイベントで、フラワーアレンジメントを実演してくださった鈴木さんのようには、なかなかうまくできないなと思いました。(当たり前ですが。。。。)

でも、この実演を見て私も挑戦してみたいなどと思ったことも事実です。そこで、今回のキットですから。。。。

さて!!

制作過程に入りたいと思います。

説明書の順番通りに進めていきます。

① アイアンベースの円の部分にドライフォームを軽く押しつけて、円を写し合わせて、円くカットします。

アイアンベースとドライフォ

ドライフォームを円に合わせ

ドライフォームを円の部分に合わせて型を取って、円くカットしていきます。

ドライフォームをカット
  
ドライフォームは、やわらかく、加工しやすいです。

② アイアンベースの円い部分に、針金を星型に巻いていく。

そこへ、接着剤を使って、ドライフォームと、裏面に茶色い和紙を貼ります。

星型に針金を巻く

ドライフォームと和紙を貼る

円くカットしたドライフォームと和紙を、接着剤で貼りました。接着剤は、キットについていたものを使わず、グルーガンを使用して、接着しました。

グル-ガン

今回使用したグル-ガンです。選んだ理由は、使いやすいかなと思ったからです。すぐ接着するので、作業しやすいと思いました。

③ ドライフォームに、接着剤使ってスパニッシュモスをほぐしながら、のせます。

これが、どんな感じに持ったらいいか悩みました。

真ん中部分に、花をつけていくので、そのことも考えながらの作業になります。

イメージが、説明書の写真が頼りなので、もう少し写真が、大きいとよかったななどと思いつつ。。。

スパニッシュモス

このスパニッシュモス、イベントで鈴木さんが、最後の方でつかっていたものかな?などと想像しました。

スパニッシュモスを貼る

う~ん、なんとなく盛り過ぎ?真ん中が、うまく空けられなかったです。

接着剤を、適量つけたつもりですが、なんだか難しいですね。花をのせてい行けば何とか見栄えも変わるかな?

いよいよ、花を付けていきます。

④ ブリザーブドローズを大小バランスよくドライフォームに挿していきます。

ブリザーブドローズ

繊細な花びらを保護するために、このようにして入っているようです。

ローズを挿していく

挿す時にも最新の注意をしながら、ドライフォームに挿していくのですが、不器用な私にはかなり苦戦しました。

花ビラに触っただけで、力加減がいけなかったと思うのですが、花びらが落ちてしまったりたり、軸が折れたりしてしまいました。やりにくかったですが、なんとか。。。。。

無残にも取れてしまいました

かわいそうに、こんなにも、花びらや、軸が取れてしまいました。

折れた軸を針金で直しました

取扱説明書を見ながら、軸を針金で直しました。なんだか、雑な仕上がりですが。。。

大小のローズを挿しました

こんな感じに挿しました。

⑤ ポプルスや、ブナの実を挿していきます

ポプルス

大きさが、大小あるのでバランスを考えてということですが、なかかな想像できなくて、ちょっと適当になりましたが。。。。

ポプルスを挿す

ポプルスを、こんな感じで挿してみました。

次は、ブナの実を針金を使って軸を作ります。

ブナの実に針金を

ブナの実を挿す

横から見ると、こんな感じです。

横から見たブナの実

⑥ リボンを、作って挿す

リボンをつける

このリボンも、苦戦しました。針金を使うのですが、ループを作って針金でまとめて、軸にするということですが、どうしてもうまくいかず、接着剤の力をかりて、なんとか恰好悪いですが、作りました。

リボンのループが出来た状態のものを、使用できたらもっと簡単でしたが、初挑戦のジェネっちには、難しかったです。

⑦ ミニカスミ草を、小分けしながら挿していきます

ミニかすみ草

ミニカスミ草は、小分けしながら長いものは、短くしたりして挿していきます。

ミニかすみ草を挿す

これで、リボンの先端を斜めにカットしたり、和紙の余分な部分をカットしたら完成です。

裏側の和紙をカット

こんな感じで、余分なところをカットして完成です。

ブリザーブドフラワー完成

【日比谷花壇】毎月1回お届けする花キット「プリザーブドフラワーコース(2011年4月から9月)」

日比谷花壇 フラワーギフト キット商品

ブリザーブドフラワーを飾る

ブリザーブドフラワーを飾る
はじめて作ったブリザーブドフラワー、苦戦しましたが無事完成しました。

家に飾るとこんなに素敵になりました。

2014年5月21日記事を更新しました。