Pavilion Slimline400-520

HP Pavilion Slimline 400-520jp/CTをお借りしました。

モニターなしのデスクトップ本体の実機をさっそく試したので、記事に書いていきたいと思います。

モニターなくても、お伝えできるものがあると思うので、今回も写真を載せながら、ご紹介していきたいと思います。

HPPavilionSlimline400-520jp

デスクトップのスリム型は、私も使っている理由の一つ、場所のスペースが、多少狭くても置けるというところが気に入っています。

今回お借りしたパソコンもスリム型なので、タワー型のデスクトップよりも置くスペースに困らなそうです。

デスクトップは、やっぱり拡張性がノートパソコンに比べると格段に良いと私は、思います。

スリム型であっても拡張性は、あります。

ちなみに、現在私の使っているデスクトップ歴代のものも含めてもずっと、スリム型を選んできました。

写真のように後ろ側には、USBを差し込むところも多いし、自宅で作業するときは、決まったところでしかパソコンを使わないので、デスクトップが私には、向いています。

PavilionSlimline400-520jp正

正面にも、USBなどついていますよ。

USB後ろしかないと、手を伸ばしたり、後ろに回って機器をつなげる必要があるので、手間がかかります。

前についているUSBを上手に使えば、楽です。後ろは、後ろで、あまり取り外さなくてもよいものをつけるとよいですね。

作業のことを考えれば、少しでも手間がかからない方が、面倒にならなくてよいです。

HP Pavilion Slimline 400-520jp/CT 東京生産 カスタムモデル

PavilionSlimline400-520jp電

コンセント挿してみました。電源が入ると緑のランプがつきました。

PavilionSlimline400電源入っ

正面になります。

DVDマルチドライブを動かしてみました。

PavilionSlimline400DVDマル

次に、キーボードと、マウスについて書いていきます。

まずは、キーボードからです。

PavilionSlimline400キーボー

このキーボードもマウスも、注文する際にカスタマイズで、ワイヤレスに選択することもできますし、標準のタイプを選択することもできます。

カスタマイズしていくことで、自分の好きなパソコンを購入することができます。

PavilionSlimline400斜め横

キーボード手に

キーボードを手で、持ってみました。

キーボードについているコードって、なんでこんなに長いのか?と気になりました。

そこで、カスタマイズのところでキーボードの選択がありますが、標準のキーボードではなくて、ワイヤレスのキーボードも、予算に余裕があれば、選択するのもありかもしれませんね。

マウスについてです。

PavilionSlimline400マウス

マウスをいじってみると、手になじんで標準のマウスでも充分だと思いますが、キーボードと同じく、ワイヤレスで使いたいと思う方もいると思います。そんなとき購入の際、カスタマイズで選択してみてくださいね。

HP公式サイトのHP Directplusをチェックすると、2015年3月25日現在、行われているキャンペーンも気になりました。

【春モデル】HP Pavilion Slimline 400-520jp/CT 東京生産 ワンコインキャンペーンモデル (300台限定)

(終了しています。)

  お得なキャンペーンについても、是非チェックしてみてくださいね。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

スポンサーリンク