Optiplex3020Micro

デルOptiplex 3020 Microお借りしました。

箱を開けたときから、驚かされました。

なぜなら?コンパクトすぎない?って思いました。

箱の写真も撮影すべきでしたが、残念ですが返却しているので、写真はないです。

デスクトップながら、小型なのが今回お借りしたOptiPlex 3020マイクロです。

デスクトップというと、タワー型や、スリム型といったものがあります。最初見たとき、パソコンではなくて、外付けのコンパクトハードディスクなのかな?と思ったくらいです。

Optiplex3020Micro手のひら

手のひらに収まりそうなくらい、コンパクトです。私の手も小さい方だと思っているので、そのコンパクトさは、すごいなと思います。

コンパクトすぎるなと思うのですが、このパソコンを使うなら外付けのハードディスクを持ち歩くかのように移動できる利点でしょうか。

Optiplex3020Microつなげてみ

モニターや、キーボード、マウスをつなげてみました。

デル株式会社

コンパクトな部分に驚いてしまいましたが、パソコンでの作業がやりにくいのでは、困りますが、今回お借りしたパソコンを実際動かした感じでは、処理スピードも速そうです。

CPUも、コアi5なので、パフォーマンスも高いと思います。

Optiplex3020Microコアi5

Optiplex3020Microキーボード

Optiplex 3020 Micro 付属のキーボードです。

Optiplex3020キーボードとマ

キーボードとマウスです。本体前面にある、USBにつけてみた。

Optiplex3020Micro外観

外観をチェックしました。

前の部分は、こんな感じです。

Optiplex3020Micro上部

上から見ると、こんな感じです。

Optiplex3020Micro後部

後ろは、こんな感じです。

モニターや、電源コードなどが、後ろでつなげます。

後ろの部分にある、USBのところが何もつけなければ、キーボードや、マウスをつけるのに役立つと思いますが、今回は、前の部分に取り付けました。

もしかしたら作業していくうちに、USBなどの挿しこみ口足りなくなったら、外付けのものを使えば良いと思います。

そして今回、コンパクトで片手でも持つことができる本体の重さを量ってみました。

Optiplex3020Micro重さ量る

およそ、1.18kgでした。

重さを見ると、ウルトラブックのように軽いですね。

これなら片手で、ヒョイっと好きな場所へ、移動できますね。

キーボードとマウスが、配線コード付いていたのですが、コードレスになれば、もっと使いやすくなりそうですね。想像ですが、そんなことを考えました。

Optiplex 3020 Micro 配線

モニターの配線と、電源コードをつなげたときの写真になります。

今回、お借りしたパソコンです。

OptiPlex 3020マイクロ

モニターは、

ProLite XB2485WSU-B2

動画を作ったので、よかったら見てね。

スポンサーリンク