2012年という年を迎え、今年もいろいろなことに挑戦していきたいと思います。

英語の勉強もその一つ。

英語の教育、なかなか大人になっても難しいなと感じる人も多いのではないでしょうか?

私は今、エスプリラインの英会話を聞き流しで聞いています。

いつか私も英語が、話せるようになりたい!!という目標に向かって今年も聞き流し続けます。

スピードラーニング英語

『スピードラーニング英語』

iPadminiで、聞き流しスター

iPadminiで、スピードラーニング英語のアプリをダウンロードして聞いています。

さて、英語を学ぶにあたり、いろいろ教育機関があります。

もちろん書籍も多数です。

今も聞き続けている英会話ですが、アルクも気になります。

ヘンリーおじさんシリーズをご存知ですか?私は、知りませんでした。

今回調べていてはじめて知りました。

子供英語教育の一環で、英語について、気になることが書かれていました。

それは、子供が英語を覚えるコツについてです。

以下は、ホームページに書かれていたことを抜粋しています。

1)言語の勉強ととらえないで「音遊び」と考えること

2) 英語には「読み書きの英語」と「話す英語」の二種類が共存することを理解すること
 (英文法は前者のためです)

3) 楽しくやることで、勉強と考えないこと

年齢とともに母国語のように英語を話すことが難しくなるそうです。

年齢とともにという点で、やはり私も感じるところです。

子供の頃の方が確かに、覚えることも早かったですからね。

好きなこと、興味のあることについては、特に発揮しました。

今は覚えるのに、何倍もかかります。

それだけに、子供教育を考えた時に、早めに覚えてしまうということの大切さ、納得します。

アルクで、ヘンリーおじさんのことを知り、さらに子供教育という大切なところで、手軽に始めやすい通信講座について、調べました。

英語が出来るということは、かなりこれからの将来有効ですからね。

早めの準備として。

胎児から3歳までに英語耳になる「エンジェルコース」

エンジェルコース

BGMモーツァルトの音楽に耳を傾けながら、学んでいく講座です。

エスプリラインもクラシック音楽が流れています。私はこのクラシックでリラックスしながら聞き流しをしています。

8か月から6歳までの対象としたDVDもあります。

それが、「アルクのabc DVDボックス」です。歌ったり、ゲームしたり楽しい教材です。

アルクのabc DVDボックスは、小学校の入学までの教材になります。

この楽しみながら、学ぶということは子供にとって、集中力が上がるし、遊びながらなので、気がついたら口ずさむなんていう自然なまでの面白さが、ホームページの使用者の口コミでも出ていました。

勉強している感を少しでもなくして、遊びながら学ぶということは、私もいいなと思いました。

ヒヤリングマラソン8月号

アルクと言えば、「ヒアリングマラソン」という方もいると思います。

小学生用の「ヒアリングマラソン」もあります。

「ヒアリングマラソン・ジュニア・シリウス」は、こちらです。

小学校高学年になると、もう少し、英語がきちんと聞きとれるようになりたい!!

そんなときに、聞いてわかる英語に、この教材があります。

小学生も英語が必要になった今、家庭という日常生活にも英語を取り入れるということは、ホームステーしているような錯覚になるのかな?と思います。

このヒアリングマラソン・ジュニア・シリウスの中には、日常の生活にありうる事柄が、内容となっていていいです。

ヒアリングマラソン・ジュニア シリウス

身近になればなるほど、英語が身についてくると思います。

親子で学べばきっと、いい環境になっていくなと、アルクのホームページで、学びました。

これらの教材、子供用ですが、大人にも意外と楽しめるかもしれませんね!!

いつのまにか、子供と一緒に英語が話せるようになったよ!!ということも起きそうなそんな予感をさせるものだと思いました。

学びの一年になりますように!!

私も英会話頑張ります!!

2014年4月1日より、消費税が5%から8%へと変わります。

価格の表示も変わりますので、ホームページでご確認くださいませ。

2014年3月22日記事を更新しました。
2014年11月6日記事を更新しました。
2016年12月28日記事を更新しました

スポンサーリンク