第3回マウスコンピュータ・カンファレンスに参加して

2017年3月17日

第3回目となるマウスコンピュータのアフィリエイトカンファレンスに先日参加してきました。

私が今回参加したのは、2回目となります。新製品の発表や、新製品の実機も体験できるので、2回目となる今回も楽しみでした。

LuvBook-K

 LuvBook Kシリーズモデル

LuvBook Kシリーズモデルの実機です。

第三世代インテルCoreプロセッサー搭載されています。

今回新商品の紹介で、第3世代モデルが、ご紹介されていました。

そして、SSD搭載モデルのパソコンが出てきている中、マウスコンピュータがおすすめするのが、ツインドライブ採用で、SSD+HDDというシステムドライブの高速化と大容量のデータ保存が可能なパソコンになります。

それが、ノートパソコンLuvBook Kシリーズモデルということです。

SSDは、処理能力が格段にアップするのですが、データを保存するための容量が小さく保存するHDDとのコンビネーションが実現されていることで、SSDの速度メリットとHDDの容量メリットが活かされます。

私もこのようなパソコンが欲しかったです。

マウスコンピューターで、魅力的なのは、性能が良くて、価格が安いというところだと思います。

その期待も裏切っていないところがいいですね。

LB-K810Sは、10万円を切る価格で、他のメーカーでは今のところないそうです。

WEB限定で、しかも数量限定モデルにはなりますが、LB-K810S-SHが、SSDとHDDが同時搭載されていて、価格も通常価格 99,750円がWEB限定価格として89,880円です。

うれしいですね!!

マウスコンピューター/G-Tune

約3.5時間のバッテリー容量は、外出先に持っていくとすると、充電するためのコンセントは必需品となりそうですね。

しかし、この最新インテルプロセッサーは、4つコアで、8スレッドということなので、動作上でハードに動くゲーム機に対しても満足いくのではと思います。

家や、仕事で、固定して使うなら、いいと思いました。

マウスコンピューターがおすすめする形の一つのモデルを実際触れることもできたというのも参加したおかげです。