Bose-SIE2i-sport-headphones

運動しながらでも音楽を楽しみたい!といったニーズに応えたボーズのスポーツヘッドホン。

スポーツでかいた汗などで、ヘッドホンの繊細な機器の部分をしっかりサポートしてくれるように出来ているところが特徴です。

ヘッドホンというと、耳に装着しますが、ボーズのヘッドホンは、耳にもやさしいです。

スポーツヘッドホン①

スポーツヘッドホン②

写真は、ボーズ・OE2iオーディオヘッドホンとボーズ SIE2 スポーツヘッドホンです。

アップルの製品が使えるSIE2iは、音量の調整などができるリモコン付きです。

SIE2は、いろいろな機器につなげることができる一般的なタイプを使っているなら、こちらを選択するのがいいと思います。

カラーは、はじめオレンジとグリーンのみでした。

今回2013年6月14日発売予定ですが、新色ブルーが出ます。

新しいカラーが出ることで、スポーツヘッドホンもカラーの選択の幅が広がりますね。

リーボックとのコラボのボーズヘッドホンは、音に関しては、満足できる方と思います。

私がいいと思ったのが、耳に装着するのですが、耳にとてもフィットして長時間使用しても疲れにくいし、ヘッドホンって、アクティブに動くと外れやすかったりしますが、耳にそっと乗せる感じで装着できる上に、外れにくいです。

アクティブに使われるとあって、特に優れた耐久性と防滴性能を実現しています。

調子が悪くなりがちなコネクター部分についても、コネクター部分の強度を大幅に向上させ、ケーブルには伸縮によるダメージを軽減する素材を使われています。

万が一壊れても、交換できる部品も販売されているとのことで、気に入れば長く使いたくなるヘッドホンになると思います。

フィットネスアームバンドをはめることで、使いやすくなるのですが、腕につけて走ると邪魔になりそうなヘッドホンのコードです。

しかし、さすがスポーツヘッドホンと言うだけあってコードも短くなっています。

使う用途によっては、長いコードがあった方が良い場合もあるかもしれません。

そんな時は、延長コードも付属でついていますので、それを付ければ長くなります。

アクティブに動きやすいように使いたいヘッドホンなので、短くても大丈夫な気がしますね。

スポーツヘッドホンアームバ

アームバンド手洗い可能

アームバンドを腕につけて見るとこんな感じです。

汗もかくし、アームバンドは、腕につけるものだから汚れてくると思います。

アームバンドは、手洗いなら可能みたいですよ。なんか嬉しいですね。

衛生面でも気を使えるので、いいと思いました。

装着部分に機器を安全にして

この耳に装着する部分に汗などで、機器が駄目にならないように汗などはじく素材が施されています。

水をはじく素材

これが、水をはじく素材で、耳に装着する部分についています。

軽くて、丈夫で、当然音にたいしても邪魔をしないところがすごいです。

いい音を聞きたいという願望も、運動するときもかなえられるなんて、すごいですね!!

コードも短くて動きを邪魔しないし、装着していて耳が痛くなるなんて言うこともないし、魅力的なヘッドホンですね。

ボーズ SIE2i スポーツヘッドホン

アップル製品に専用のボーズ SIE2i スポーツヘッドホンということで、通話ももちろん可能です。

使いやすいリモコン付きはいいですね。

ボーズ・オンラインストア

今回発売されるブルーのヘッドホンも、アップル専用のタイプということなので、機器をお持ちの方に、ぜひ、ホームページチェックしてもらえたらと思います。

Bose SoundSport in-ear headphones

2014年2月20日記事を更新しました。
2016年9月3日記事を更新しました。



スポンサーリンク