スポンサーリンク

おえかきミシンを使って、葉っぱなどのデザインを縫いやすくなるかも

ネットでし購入できないアイシンのミシンですが、おえかきミシンを、ちょっと試してみました。

結構不器用な私なので、ミシンをいじるなんて考えたことがあまりないのですが、以前、イベントでSP-10を少しいじったこともあり、何となく、アイシンのミシンなら私でも使えるかも!!などと考えています。

そんなときに、2015年9月に発売されたばかりの、アイシンのミシン「おえかきミシン」をちょっと試すことができたので、ご紹介したいと思います。

不器用ながらも、触ってみようと思うことがすごいチャレンジなのですが、実際、動かしてみると何だかいける気がしたのがうれしかったです。

おえかきミシンで出来る

お子様の書かれた絵だったり、自分で書いてみた絵だったり、デザインした絵を、ミシンで縫いあげることができます。

出来上がった作品は、手作り感がたっぷりあって、とても素敵ですね。

おえかきミシン

まるみがあって、デザインも素敵ですね。

使わないときは、邪魔にならないようにしまっておくと思うのですが、インテリアとしても、違和感がないくらいで、グッドデザイン賞を受賞されているとか。素敵ですね。

おえかきミシン足元

足元を確認しながら、さっそくいじってみました。

動かすところは、動画でも撮影しているので、恥ずかしいですが見てみてくださいね。

私でも、出来そうな気にさせてくれたのは、縫い合わせるスピードであったり、縫い方の調整も簡単に行えるところです。

太めに縫いたいとか、縫っている最中で、押さえを上げずに、糸調子皿を開いて、布を動かすことができるので、いろいろな形に縫い続けることができます。

足で、コントロールするのですが、ちょっとだけ縫ってみただけなので、上手にできませんが、慣れてしまえば、うまくいきそうな気がしました。

失敗しても練習と思えば、何とかなりますからね。

いろいろいじってみるものだなと思いました。

おえかきミシン数字で変わる

コンピュータ制御により、調整が初心者でも扱いやすくなっています。

おえかきミシン足収納

足元のコントローラーも、使わないときには、しまうこともできます。

収納できるので、すっきりしますね。

おえかきミシン明かるい

針元が、見やすくて作業がしやすいです。

アイシンのミシンを購入を考えたら、こちらです。