スポンサーリンク

もつ鍋・水炊きの専門店「博多若杉」のカレーが気になる

ちょっと気になるグルメが、ありました。

もつ鍋・水炊きの専門店「博多若杉」の公式オンラインショップで販売している、カレーがとても気になりました。

イベント参加した際に、見かけたのですが、もつ鍋・水炊きの専門店で出す、カレーってどんな味だろう?

カレーと言えば、ほとんどの方が、好きと答えるのではないでしょうか?

私も大好きです。

そんな大好きなカレーなので、とても気になりました。

博多若杉 カレー2品

お鍋の専門店の出すカレーのイメージですが、いわゆる、お蕎麦屋さんのおいしいカレーに近いのかな~

レトルトになっているので、作り方は、簡単ですね、きっと。

博多若杉のサイトでチェックして見ました。

豚うまカレーは、博多若杉の中で、2016年の12月に、カレー第2弾として登場した製品でした。

第2弾ということは、第1弾があるのですが、第1弾は、「牛すじカレー」だそうです。

2015年6月に登場したそうです。

牛すじカレーも、とても気になりますね。

牛すじカレーは、もともと、まかないで作られていたそうですよ。

確かに、牛もつ鍋や、牛すじ煮込みの仕込みのなかで、牛すじを使ってアレンジするのは、何となく理解しやすいです。

牛すじ煮込みも、レトルトで販売されていますので、こちらも気になります。

今回の記事では、豚うまカレーについてと、鶏とまとばたーカレーについてです。

イベントで見た際に気になるカレーでしたので。。。

他の製品についても、後日、書いていこうと思います。

鶏とまとばたーカレーは、第3弾目の製品だそうです。

カレー最終章だとサイトで、紹介されていました。

確かに、カレーの専門店ではないのですからね。。。

それぞれの製品作りに対するこだわりを、感じたので、ぜひ、お取り寄せしてみて欲しいなと、思いました。

博多若杉 豚うまカレー レトルトの裏側

豚うまカレーは、野菜の甘味がぎゅっと詰まっていて、胃にもやさしそうなカレーです。

辛いのが、苦手の方にもおすすめできるカレーなのだとか。。。

辛くないと聞くと、このカレー、私好みだなと思いました。

レトルトなので、長期で保存できるし、常温で置いておけるのもうれしですよね。

賞味期限は、常温で120日だそうです。

お湯で温めるという簡単さは、常備しておきたいなと思いました。

博多若杉 豚うまカレー

博多若杉 鶏とまとばたーカレー



鶏とまとばたーカレーは、2017年7月に発売されたそうです。

完熟トマトを使った、スパイシーな夏カレーなのだとか。

スパイシーなカレーで、博多若杉の牛すじカレー並みの辛さなのだそうです。

牛すじカレーというと、博多若杉のカレーの一番最初に作られたカレーです。

ということは、辛いのかな?

と、牛すじカレーのことを、少し想像しているところです。

気になるけど、辛いのか~。。。

博多若杉 鶏とまとばたーカレー

スパーシーなカレーって、いろいろなところで出しているけど、辛さもさまざまなので、想像してばかりでは、何もわからないので、これ以上詮索できませんが、レトルトカレーで、鶏とまとばたーカレーは、鶏肉が、ごろっとしているというところを、サイトの中で見てみると、やはり、気になりますね。

ナンにも合うよ!!

というので、試してみた~い!!

ナンで、食べてみたいカレー!!

というのが、鶏とまとばたーカレーになりました。

辛いのは、苦手ですがナンにつけてみると、いいよ!!

ぜひ、試してみたいです。

賞味期限は、120日です。

豚うまカレーと、同じ賞味期限ですね。

博多若杉 カレーは、こちらでチェック