青い空

最近というかここ数年で、街の至る所に太陽光発電を、屋根に付けたお家が多くなってきたように思います。

太陽の光を借りて、電気を作るわけですが、家中の電気をまかなうのにどのくらい電力が必要か、それによる、太陽光発電の規模も変わるのではということは、容易に考えられますが、予算はいくらかかるというようなお話は、業者でないと分かりにくいかもしれませんね。

国からの補助金制度についても分かるといいなと思います。

そんな中で、グリーンエネルギーナビというサイトがあります。

ここでは、見積を通して、、比較してみたいというユーザーにやさしいサイトです。

どういうことかというと、太陽光発電を扱う会社から、通常見積もりをもらいます。

ただし、個人で動く場合、見積もりをするとことで、後々電話やら、営業の方が何度も訪問する?なんていうことにもなりかねません。

グリーンエネルギーナビで、一括見積もりをすると、グリーンエネルギーナビと、提携している会社から見積もりが届きます。

国内最大級の提携先があるそうです。

詳しくはサイトを見ていただければ分かると思いますが、提携する会社についての基準も厳しいので、よく知らないで、興味本位で、太陽光発電をとりつけませんか?と言った家庭へ直接来る訪問販売でうっかり騙されてしまうというトラブルは、回避できそうです。

知らないことは、トラブルになってしまうこともありますので、もし現実的に話を進めるなら、事前に調べる必要もあると思います。

何しろ、投資するお金も大きいですからね。

自分で調べて、知識があってもいいと思います。ネットで調べるという方法が一つあります。

太陽光発電が注目されたのは、やはり、震災後だと思います。電力不足や、節電。そして環境に優しいということで、クリーンなイメージである。もちろん、国からの補助金も受けられるとあれば、なおさらである。

地域によっても違いがあるということなので、要確認である。グリーンエネルギーナビでも、補助金についてももちろん、触れています。

参考までに、ホームページで確認してみてくださいね。

アマゾンで、太陽光発電で使えるパネルを見つけました。

このサイズだと、小さな電気を作ることしかできないかもしれませんが、気軽に始めるには、いいかも。。

そんな気がしました。

2015年6月12日記事を更新しました。

スポンサーリンク