森下仁丹のビフィーナは、ビフィズス菌と、乳酸菌、それに加えてオリゴ糖が入っています。

健康に必要な量を確実に摂取できるそうです。

なんだか、わかりにくいですね。。。。

健康な成人の人は、善玉菌の代表であるビフィズス菌が、99.9%あると言われているそうです。

そして、そのビフィズス菌は、年齢とともに減少するものだそうです。

お腹の健康を、調整するために必要なビフィズス菌を得るには、ヨーグルトであったりするのですが、このビフィズス菌は、胃酸に弱いそうです。

せっかく摂っても、お腹の腸に届く量が少ないと、なんだかもったいないですよね。

そんなことで、森下仁丹のビフィーナが活躍するわけです。

特殊に作られたカプセルにビフィズス菌や、乳酸菌を入れることで、胃酸に負けずに、腸に届くそうです。

ビフィーナの中身は、こんな

詳しくは、森下仁丹のホームページで書かれております。

ここの写真に載っているように、黄色い大きめな粒(カプセル)、白い粒にビフィズス菌や、乳酸菌、オリゴ糖が入っています。

以前にも記事に書きましたが、飲みやすく出来ています。ちょっと甘めもあって、胃にもやさしそうなイメージです。

気になる方は、試して実感してみてくださいね。

健康が第一に考えて、日ごろからケアしないといけないかなと年齢とともに感じるようになりました。

関連記事は、こちらです。

ビフィーナSを飲んでみました。想像以上に美味しくいただきました。

https://marusuko212-blog.net/?p=213

【送料無料】初回限定お一人様一個限り!ヘルスエイド ビフィーナ®S(スーパー) 30日…

スポンサーリンク