富士通のダイレクトショップ、富士通 WEB MARTにおいて、年賀状整理に役立つスキャナーのお話です。

スキャンスナップを使って、データ化すると管理がしやすくなりますよ!!

スキャナーで整理することで、すっきりさせることができて、便利です。

毎年来る年賀状も、そのままとって置くのですが、かさばるのが難点でした。

富士通WBMARTで紹介されていた年賀状を整理する方法を読んで、これならすっきりと整理できそうだなと思いました。

スキャナー自体の性能もPDFにする機能も付いていて、パソコンに取り込んだ後のことまでしっかりカバーしてくれています。ありがたいです。

富士通WEBMARTでスキャンスナップを一覧で見ることができます。

スキャナーも、片面の読み取りタイプと、両面の読み取りタイプがあります。

年賀状なら、必要な住所の管理になると思うので、片面の読み取りで、良いのかなと思います。

スキャンスナップの一覧で見て、気になったのが2つあります。

一つ目、スキャンスナップS1100 (FMWMC9043)です。

重さが、350gということで、とても軽いなと思いました。A4サイズまでなら、OKということで、必要最小限の大きさという感じです。コンパクトさを求めるなら、これがいいかな!

スキャンスナップiX100 (FMWMC9073)

2014年7月7日現在、富士通WEBMARTをみたら、ニューモデルが、紹介されていました。

二つ目、ScanSnap iX500 (FMWMC9061)です。

両面のデータを読み取ることができるのが、便利だと思いました。

3kgの重さがあるのだそうです。

スポンサーリンク



富士通 ScanSnap コンパクトスキャナ

スポンサーリンク