今日は、国際展示場でジャパン ラテアート チャンピオンシップ 2011を見に行ってきました。

トップクラスのバリスタの戦いを見ることが出来るとあって、早起きして行ってきました。

会場では、たくさんの方が見に来ていました。注目していることがとてもよく分かりました。

私もいつかお店を開いたら、こんな素敵なラテアートをお客さんに喜んでもらえたらと思いながら、見てきました。

会場では、ホテルレストランショーというイベント中でしたので、さらに盛り上がっていました。

目的は、生のバリスタの技を見るということでしたので、10時半ころから、15時30分くらいまで、長かったですがずっと見ていました。

ラテアート

きれいな絵というか、ほんとかわいいですよね~!!私にも出来たらと思いました。

努力のたまものなのでしょうね!!

大会の方も話していましたが、日本のバリスタが世界において注目されているそうです。すごいですね。

こういう素敵な職業があるのだということもあり、それを目指す若い方もたくさんいるそうです。

素敵な職業だと思います。幸せにさせる、そんな一杯のコーヒー私も、そんなお店にしたいと思います。

写真は、選手権を戦った方による表彰の審査中のサービスでいただきました。

見に来た方全員には、提供しきれなかったと思いますので、私はラッキーでした。

そして、最後の一口まで絵が残っていて感動したし、味もなめらかでやさしい味でした。

コーヒーという嗜好品が、このような形で表現できる、そんな素敵なバリスタの方、それに携わった方、スタッフの方お疲れさまでした。

いつの日か、この感動への恩返しが出来たらと思います。

スポンサーリンク